袴乙女の書庫


というわけで。

マ「何だか、すごいことになっちゃいました…」
優「姉様も姉様なりに頑張った…かな?」
マ「ゲーム的なこと言っちゃうと、判定どうこうより選んだ人の数と印象的なプレが採用された…感じかしら」
優「私たちの方は…どうなるのかな?」
マ「多分、色々と差別化は図られるかと思うけど…不安?」
優「うーん……時々、姉様の方が羨ましいなって感じる時は…あるかな、色んなイミで」
マ「ユミナもユミナなりに頑張れば、きっと報われることもあるわ…だからしっかりね」
優「うん…(笑顔)」
マ「…竜の力を手に入れても、私のやることは変わらないわ…病気や怪我してる方が
いたら診て、解決のお手伝い出来そうなトラブルがあったら足を運んで、
人々を苦しめているものがいたら戦って…戦い続きで沢山の街が壊されてしまったから、
忙しいけど頑張らなきゃ、ね…」
優「うん、私も…」
[PR]
by punipunipoyon | 2007-07-31 19:13 | 姉妹話(注:背後の脳内です)

<< ミルファリアさんとの出会い…(...      晴れた夏の日に。 >>
こちらは、㈱トミーウォーカーのPBW登録キャラクターの日記・覚書ページです。ゲームの公式設定ではないプレイヤーの遊びも一部ありますのでご注意ください。
by punipunipoyon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31